冷えと頭痛の関係

とっても辛い頭痛

頭が痛いと辛いですよね。

集中できないし、痛みがひどいと眠ることさえできないですし。

こんな厄介な頭痛に悩まされている人は多いのではないでしょうか。

今回はこの頭痛に関するお話について書いてみたいと思います。

 

頭痛の種類

一言で頭痛と言っても、色んな種類があるのはご存知でしょうか。

頭痛には大きく分けて2種類の頭痛があります。

  • 症候性頭痛(脳や頭部の病気の症状として現れる頭痛)
  • 慢性頭痛症(他に病気が隠れているわけではないのに発作を繰り返す頭痛)

 

たかが頭痛と言っても安易にとらえてはいけません。

起こっている頭痛が「症候性頭痛」だった場合、命にかかわる病気が隠れている場合もあります。

まずは病院を受診されてから、ご自身での対応を行ってくださいね。

 

ここでは、病院で診てもらったけど何も原因が見当たらなかった場合、つまり、頭痛の種類が慢性頭痛症だった場合の話をしたいと思います。

この「慢性頭痛症」ですが、また更に幾つかに分類できます。

こちらは大きく分けて3つに分けることができます。

  • 筋緊張性頭痛
  • 血管拡張型頭痛(片頭痛)
  • 群発性頭痛  

 

冷えは頭痛も引き起こす

慢性頭痛症の中で最も多いのが、筋緊張性頭痛ですが、「冷え」と直接的に関係がある頭痛もこの「筋緊張性頭痛」です。

筋緊張性頭痛は、何らかの原因によって頭部、及び、首、肩、背中の筋肉が過剰に緊張することによって起こる頭痛です。

症状的には、締め付けられるような痛みが、継続的、持続的に起こります。

血管拡張型頭痛のようなズキンズキンと脈打つような痛みとは違って、圧迫されるような非拍動性の頭痛です。

 

この筋緊張性頭痛には様々な原因がありますが、主に何らかの理由によっておこる血行障害が原因になっています。

過度のストレスや眼精疲労、無理な姿勢による肩こりなどが原因で血行障害が起きると、局部的に冷えが生じ、筋肉が過度に緊張して痛みを引き起こします。

また、そのような原因がなくても、ただ単に体が冷えている場合にも、頭痛が引き起こされます。

この場合は、冷えを解消することが出来れば、頭痛も改善されます。

 

血行障害による頭痛にはどう対処すればいいのか

冷え性を改善することによって慢性的な頭痛を解消することができる場合もあるので、もし体に冷えがあるとすれば、将来的には冷えをなくした方がいいとは思います。

ただ、一言で「冷えを解消する」といっても、すぐに解消できるものではなく、時間のかかるものです。

また、血行障害が起こっている原因がわかっている場合でも、なかなかその原因を取り除けない場合もあるかと思います。

でも、やっぱり今ある痛みをすぐとりたいと思いますよね。

 

「筋緊張性頭痛」の対処療法として、1番にあげられる方法は、薬を服用するといったことでしょうか。

病院に行けば、筋弛緩薬、鎮痛剤、ストレスをとるという観点から抗不安薬が処方されるときもあるようです。

市販の鎮痛剤を飲む手もあるでしょう(飲みすぎには気を付けてくださいね)。

ただ、もちろん薬が有効な場合もありますが、できれば自分の力で治せた方がいいですよね。

では、自宅で簡単にできる対処法にはどんなものがあるのでしょうか。

 

温めることが大事

私がオススメしたいのが、痛い部分を温めるということです。

冷えているから温めるという単純な方法です。

単純すぎると思われたかもしれませんが、これが結構効果的なのです。

温めると筋肉が弛緩して血行が良くなりますし、適度な熱量を与えることで自然治癒力を高めるという効果もあります。

温め方はどんな温め方でも大丈夫です。

とにかく温めてあげます。

私は、ハンカチやタオルに使い捨てカイロを包んで首筋や後頭部に当てています。

これが意外と効くのです。

 

ただ、やけどには十分注意してください。

どのくらいの温度がいいのか、という事は個人差があります。

自分が一番気持ちがいいなと思う温度で温めてみてくださいね。

 

そして、やはり一番大切なのが、休息です。

睡眠が一番の薬になります。

温めて痛みが和らいだら、たっぷりと睡眠時間をとって体を休めてくださいね。