台風で頭が痛くなる?!

台風は体調不良も引き起こす

最近、大型台風が日本によく上陸していますが、「最近特に体調が悪いなー」と思っているとしたら、それは台風のせいかもしれません。

台風が来るたび、「なんだか体調が優れない」なんてことはありませんか?

 

台風に限らず、気候の変化によって症状が出現したり悪化したりすることがあるようで、これを総称して気象病というそうです。

「気象病」の症状には、頭痛や肩こり腰痛、倦怠感、めまい、難聴、むくみ、関節痛、鼻炎、じんましん、喘息、吐き気、胃腸のトラブルなど、様々な症状があります。

また、心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる症状を引き起こす恐れもあります。

 

急激な環境変化に体がついていけずに体調不良が起こるのですが、特に低気圧が近づいた時に起こりやすいそうです。

台風の正体は強い低気圧ですので、台風の時には、この強い低気圧が急激に近づくのですから、台風が来ていると特に体調が悪くなるのもうなずけます。

では、この「気象病」はなぜ起こるのでしょうか。

 

気象病とは

「気象病」には「自律神経」が大きく関係しています。

自律神経は環境に合わせて体内の環境を整える神経です。

気候の変化にも敏感に察知して対応しています。

気圧や気温、湿度など気候の変化を察知して、それに合わせて体を調節しているのです。

しかしながら、急激に気候が変化したり、変わる度合いが大きかったり、たびたび変わるというような事が起これば、自律神経の負担が大きくなり、うまく調節できなくなるというわけです。

つまり、急激な環境の変化についていけずに体が混乱してしまった状態、これが「気象病」です。

 

気象病と冷え

こうして自律神経が乱れると、気象病のみならず、数々の体内環境に影響を及ぼします。

冷えと自律神経も大きく関与していますので、気象病は冷えにも関係していると言えるでしょう。

気候の変化で乱れた自律神経によって冷えが助長されることはもちろん、逆も考えられます。

もともと冷え性の人は自律神経が乱れ気味の人が多いので、気象病を発症しやすいのです。

 

無理せずゆっくりしよう

では、気象病も引き起こすような気候の変化時、冷え性さんはどうすればいいのでしょうか。

 

気候の変化をコントロールできるわけではないので、そんな時はなるべくゆっくりしましょう。

インターネットなどで気候の変化を確認して、心の準備をしておくと良いかもしれません。

気象病を起こしそうな変化がある時を把握して、そういった日には大きな予定をいれないようにするなど、スケジュール調整をしてください。

また、症状が重い時は無理せず休みましょう

 

そして、自律神経にこれ以上負担をかけないように気を付けてください。

規則正しい生活をして、睡眠をしっかりとってください。

また、ストレスをためないようにしましょう。

自分なりに工夫して、なるべくリラックスするようにしてください。

軽い運動も効果的だそうです。

 

全身の血流を良くすることが、気象病対策にも冷え対策にもつながります。

普段から冷え性を改善する対策を行い、自律神経を整える対策や、血流改善の対策を講じておくことが肝要です。

 

台風は気候だけではなく体調も変化させる厄介な存在ですが、工夫して上手に乗り切ってくださいね。