現代型冷え性のストレス冷え性について その1~特徴と原因

現代病の「ストレス冷え性さん」

「冷え」は幾つかのタイプに分類することができます。

色々な分類がありますが、「どこが冷えているのか」を考えた時、大きく分けて4つのタイプに分けることができます。

  1. 四肢末端の冷え
  2. 下半身の冷え
  3. 全身の冷え
  4. 内臓の冷え

またこれに加えて、この分類では分類できないタイプの冷えである

  • ストレス冷え
  • 水冷え

の2つが加えられると思います。

ここでは、冷えの部分では分類できなかった2つのタイプのうち「ストレス型冷え症」についてお話したいと思います。

 

「ストレス冷え性さん」の特徴

ストレス社会と言われる現代社会の中で、最近急増していると言われているストレス冷えですが、主にどんな人が「ストレス冷え性さん」なのでしょうか。

このタイプの人は、元々冷えにくい体質なのに冷えの症状があり、外から温めても改善されいないのが特徴です。

特徴的な症状としては

  • 疲れているのに眠れない
  • 集中力がなくイライラする
  • 部分的に汗をかく

といったものがあります。

勿論、冷え性特有の他の症状がある場合もあるでしょう。

特に、肩こり腰痛、食欲不振、胃痛に悩む人が多いようです。

 

どうですか?

思い当たる節はありましたか?

こんな症状があれば、あなたはストレス冷え性さんかもしれません。

 

ストレス冷え性の原因と対策

過度なストレスは、全身の血流に障害を起こします。

ストレスを受けたことで緊張状態が続くと、交感神経が優位になり、自律神経が乱れます。

またストレスに対抗しようとホルモンが分泌され、それにより血管が収縮、この収縮状態が長引くと血行不良を招きます。

こういった理由から、ストレスが続くと、冷えの症状を引き起こすのです。

では、そんなストレス冷え性さんはどうすればよいのでしょうか。

 

一番大切なのは、ストレスを取り除くことです。

ストレスそのものを除去できれば、冷えも改善されると思います。

ただ、ストレスを除くのは簡単ではないでしょう。

なるべくストレスを回避するよう努力をしながら、そこにストレス冷え性さんに適した対策を加えることで、効果が期待できるかもしれません。

 

では具体的にはどうすればよいのでしょうか。

「その2」では、この対策についてもう少し細かくみていこうと思います。