お風呂の温度に気を付けて

冷え性改善に入浴はかかせないものですが、今日はその入浴に関して、気を付けて欲しい事についてお話したいと思います。

 

我が家のお風呂は、追い炊きタイプなのですが、体が冷えていると、お風呂に使っている途中にお湯が沸くことがあります。

冷えがひどかった時は、お風呂に浸かった瞬間に沸き、その後も何度も何度も沸いたりする、なんてこともありました。

 

体が冷えている冷え性さんは、お風呂に入るとその湯船の温度を下げてしまう恐れがあります。

追い炊きタイプのお風呂なら、お風呂が勝手に判断してくれますが、そうでない場合は、知らず知らずのうちに思ったより温度が低いお風呂に入ることになります。

寒いな、冷たいなと思ったら、お風呂の温度が低すぎるので、お湯を足しましょう。

 

お風呂は気持ちのいい温度で入ることが一番です。

熱くて我慢しても、低い温度で寒く感じられても、冷え性には逆効果です。

せっかく冷え性の対策として入浴しているのに、逆効果になったら悲しいですよね。

 

どのようなことでも、自分の感覚が一番大切です。

自分の体の声に耳を傾けて、体にとって気持ちの良い入浴を心掛けてくださいね。