夏でも冷えるの?~夏の冷えについて

夏でも冷えるの?

夏は外気温が高いので体が冷えないと思われがちですが、夏でも冷えは起こります。

元々冷え性の人は、季節関係なく体の冷えは起こりますし、また冷房などによって新たな冷えも招きやすい環境にあります。

その上、外気温が暑いので冷えていることに気付かず、知らず知らずのうちに冷えを悪化させることをしてしまいやすいので、注意が必要です。

 

夏の冷えの原因

夏には体をひやしてしまう要因がたくさんあります。

クーラーをきつくかけてしまったり、自分の意志とは無関係でもオフィスや交通機関などで強い冷房にさらされることもあるでしょう。

また暑いとついつい冷たい飲み物や食べ物を食べる機会も増えるでしょうし、薄着やシャワー浴も体を冷やしてしまう原因になります。

それ以外にも、夏は自律神経が乱れやすい原因が多くあり、そのことも夏の冷えの要因の1つになっています。

 

夏の冷え対策

では、暑い夏を冷え知らずで乗り切るためにはどうすればよいのでしょうか。

毎日の生活のちょっとした事に気を付けるだけで、冷えを改善させることができるので、気を付けてみてください。

では、どんなことに気を付ければよいのでしょうか。

 

クーラーの設定温度をあげよう

自宅のクーラーの設定温度を少し高めに設定しましょう。

もしオフィスなどの冷房がきつすぎるなら、重ね着をしたりブランケットを使うなどして対処しましょう。

また就寝時はクーラーをかけっぱなしにせずタイマーをかけるか、もしくは、もしタイマーが切れると起きてしまうくらい暑い時は、昼間より更に少し高めの温度(27-28度くらいの温度)に設定してかけるようにしましょう。

また、クーラーや扇風機の風向きにも気を付け、直接風が体に当たらないようにしましょう。

 

冷たいものは控えよう

暑いとどうしても冷たいものが欲しくなりますが、なるべく冷たいものは控えるようにしましょう。

また水分補給をする時は、冷たい飲み物ではなく、常温の水で行うようにしましょう。

 

食事に気を付ける

生野菜など、体を冷やす食材は摂りすぎないように注意しましょう。

また体を温める食材を積極的に摂るようにしましょう。

 

体が熱を作るにはある程度のカロリーが必要です。

過度のダイエットやカロリー制限は避けましょう。

また、熱を作るのに欠かせないのが蛋白質です。

暑いと食欲が低下して、そうめんやお蕎麦などの炭水化物ばかりを摂りがちですが、蛋白質もしっかり食べるように心掛けましょう。

 

服装にも気を付ける

服装にも気を付けましょう。

暑いからといって薄着は禁物です。

特に首やお腹、足首は冷やさないようにしましょう。

首元にはスカーフやストールやバンダナ、お腹には腹巻やレギンス、足首には靴下の重ね履きやレッグウォーマーが効果的です。

特に冷房のかかった部屋では、しっかりカバーするようにしましょう。

また下着や靴下で締め付けないようにしましょう。

 

暑い時こそ、お風呂でゆっくり浸かってみよう

暑いからといってシャワーしかしないと体を冷やしてしまいます。

38度くらいのぬるめのお湯につかって疲れを癒してください。

毎日でなくてもいいので、出来るだけ浴槽につかるようにしましょう。