冷え性だと気付きにくい内臓冷え性について その1~特徴と原因

冷え性だと気付きにくい「内臓冷え性さん」

「冷え」は幾つかのタイプに分類することができます。

色々な分類がありますが、「どこが冷えているのか」を考えた時、大きく分けて4つのタイプに分けることができます。

  1. 四肢末端の冷え
  2. 下半身の冷え
  3. 全身の冷え
  4. 内臓の冷え

またこれに加えて、この分類では分類できないタイプの冷えである

  • ストレス冷え
  • 水冷え

の2つが加えられると思います。

ここではこのうち④の内臓が冷えている「内臓型冷え症」についてお話したいと思います。

 

「内臓冷え性さん」の特徴

最近増加傾向にあり、自分が冷え性だと気付きにくいので別名「隠れ冷え性」とも言われる内臓型冷え性ですが、主にどんな人が「内臓冷え性さん」なのでしょうか。

このタイプの人は、体の内側(内臓)が冷えているので、「冷えている」という自覚症状がないのが特徴です。

特徴的な症状としては

  • 胃腸が弱い
  • お腹が張る
  • お腹が冷たい
  • 顔色が悪い
  • 肌荒れ、しみ、くすみなどの肌トラブルがある
  • 疲れやすく風邪をひきやすい
  • 低体温(35度台)

といったものがあります。

勿論、冷え性特有の他の症状がある場合もあるでしょう。

特に、肩こり、便秘や下痢、むくみ、頻尿に悩む人が多いようです。

 

また内臓冷え性さんは、おへその上の方がおへその下より冷たい傾向にあります。

脇の下よりお腹の方が冷たいのも特徴です。

 

どうですか?

思い当たる節はありましたか?

こんな症状があれば、あなたは内臓冷え性さんかもしれません。

 

内臓冷え性の原因と対策

内臓が冷える主な原因は生活習慣にあります。

運動不足などによる筋肉量の不足や、不規則な生活による自律神経の乱れ、極端なダイエット、冷えを助長するような無防備な生活スタイルなどの生活習慣が、内臓の冷えを起こしています。

冷えていることに気付かないために、知らず知らずのうちに体を冷やすことをしてしまい、冷えが悪化してしまっているのです。

では、そんな内臓冷え性さんはどうすればよいのでしょうか。

 

一番大切なのは、冷え性そのものを改善することです。

ただ、内臓冷え性さんに適した対策を加えることで、更に効果が期待できるかもしれません。

 

まずはお腹を温めましょう。

また、内臓冷え症さんは筋肉不足の人も多いので、運動することを心掛けてみましょう。

特にお腹周りに筋肉をつけましょう。

腹筋は天然の腹巻と言われていますが、お腹周りの筋肉を付けてお腹を温めましょう。

そして、もちろん普段の生活も気を付けることが大切です。

 

では具体的にはどうすればよいのでしょうか。

「その2」では、この対策についてもう少し細かくみていこうと思います。