体がむくむ水冷え性について その2~対策

水冷え性さんに適した対策とは

その1では「水冷え性さん」がどんな人なのかについてお話しましたが、今回は「水冷え性さん」に適した対策についてお話したいと思います。

 

水冷え性さんに効果的な対策は、とにかく体に溜まった余分な水分を出すことです。

血液循環をよくし代謝をあげ、発汗排尿を促し、余分な水分を排出しましょう。

また、これ以上余分な水分がたまらないように、必要以上に水分をとらないように気を付けましょう。

 

運動が効果的

適度な運動は血行をよくしますので、代謝機能をあげることができます。

また、水冷え性さんは筋肉が少ない人が多いので、適度な筋肉を付ける為にも運動は有効です。

毎日の生活に軽い運動を取り入れて、血液の巡りをよくしましょう。

 

特に、ストレッチやウォーキングがお勧めです。

時間は短くても毎日の歩き方を意識して変えてみるとか、就寝前の軽いストレッチだけでも、効果は期待できると思います。

出来るだけ毎日、少しでも運動をするように心掛けてください。

また、下半身の筋肉が少ないとむくみの原因にもなるので、どこでも簡単に出来て、足腰を鍛えることができるスクワットもお勧めです。

 

お風呂につかろう

シャワーだけの入浴で済ませることなく、お風呂は浴槽につかって、汗をかき、余分な水分を排出しましょう。

お湯に浸かってしっかり温めれば、血液循環もよくなりますし、血液循環がよくなれば代謝もアップします。

また、お湯の中は適度に水圧もかかり、むくみ解消にも効果的です。

 

サウナもお勧めです。

サウナは、体を温めて発汗を促し、また新陳代謝を高め、利尿作用も高まるので、余分な水分を排出することができます。

ただサウナは体に負担がかかるので、持病のある人はサウナを利用する前に、必ず主治医に相談してください。

 

マッサージしてむくみを解消しよう

顔やふくらはぎのむくみを解消するマッサージをしましょう。

リンパマッサージやツボ押しが効果的です。

優しくマッサージして、むくみを解消させましょう。

 

ふくらはぎマッサージも効果的です。

マッサージは、ふくらはぎだけではなく、足首から上に、ふくらはぎ、ふともも、お尻にかけて、上に引き上げるようにマッサージするのがポイントです。

 

体を温める食事を心掛けよう

体内の余分な水分を排出するためには、体を温める必要があります。

体が冷えていると余分な水分がたまりやすく、余分な水分があると冷えやすいという悪循環に陥ってしまいます。

この悪循環を断つためにも体を温める食事を心掛けましょう。

特に根菜類の野菜を温野菜にして食べると、体が温まるだけでなく、余分な水分を排出してくれる働きもあるので、水冷えの改善に効果的です。

 

カリウムを摂ろう

カリウムを含む食材をうまく利用して、むくみを解消させましょう。

カリウムは、余分な水分を排出させて、水分量を適切に保つ働きのあるミネラルです。

カリウムを含み、体を温める効果のある食材は、かぼちゃ、りんご、小豆、ナッツ類など。

これらを取り入れた献立で、上手にむくみを解消させてくださいね。

 

 

また、普段の生活の中で少し気を付けるだけで、冷えを改善できることもあります。

「その3」では、「水冷え性さん」に避けて欲しい生活習慣についてお話したいと思います。