体がむくむ水冷え性について その1~特徴と原因

水分代謝がうまくいかない「水冷え性さん」

「冷え」は幾つかのタイプに分類することができます。

色々な分類がありますが、「どこが冷えているのか」を考えた時、大きく分けて4つのタイプに分けることができます。

  1. 四肢末端の冷え
  2. 下半身の冷え
  3. 全身の冷え
  4. 内臓の冷え

またこれに加えて、この分類では分類できないタイプの冷えである

  • ストレス冷え
  • 水冷え

の2つが加えられると思います。

ここでは、冷えの部分では分類できなかった2つのタイプのうち「水毒型冷え症」についてお話したいと思います。

 

「水冷え性さん」の特徴

東洋医学では「水毒」といも言われる水冷えですが、主にどんな人が「水冷え性さん」なのでしょうか。

このタイプの人は、腰から下が冷えやすく、また手足も冷たく、冷房が苦手で、体がむくみやすいのが特徴です。

太っていても痩せていても、ぽちゃぽちゃした筋肉量の少ない体型の人が多いようです。

特徴的な症状としては

  • まぶたがむくみやすい
  • 朝起きた時、顔がむくんでいる
  • 夕方になると、靴下の跡がくっきりといったように、足がむくみやすい
  • 舌がぽてっとして、歯形がついている
  • お腹をたたくとぽちゃぽちゃ音がする
  • 体温が35度台
  • トイレの回数が少ない、もしくは頻尿
  • 鼻炎やアトピーなどのアレルギー症状

といったものがあります。

勿論、冷え性特有の他の症状がある場合もあるでしょう。

特に、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、生理痛、生理不順に悩む人が多いようです。

 

どうですか?

思い当たる節はありましたか?

こんな症状があれば、あなたは水冷え性さんかもしれません。

 

水冷え性の原因と対策

水冷えの原因は、水分の摂りすぎや、水分代謝がうまくいっていないことにあります。

では、そんな水冷え性さんはどうすればよいのでしょうか。

 

原因である溜まった水分を体外にだしてあげ、体内の水分量を正常な状態にすることが出来れば、水冷え性さんの不調は改善されると思います。

まずは、これ以上たまらないように水分摂取を控えましょう。

そして、既に溜まってしまった水分を外に出してあげましょう。

 

では具体的にはどうすればよいのでしょうか。

「その2」では、この対策についてもう少し細かくみていこうと思います。