手足が冷える末端冷え性について その2~対策

末端冷え性さんに適した対策とは

その1では「末端冷え性さん」がどんな人なのかについてお話しましたが、今回は「末端冷え性さん」に適した対策についてお話したいと思います。

冷え性そのものの対策と並行して実践すると効果的な、お勧めの対策についてお話したいと思います。

 

まずは温めよう

まずは冷えているなと思う部分を温めましょう。

特に、手足の冷えは睡眠を妨げます。

手足の冷えで眠れなくて睡眠不足になってしまっては、冷え性そのものも悪化しかねません。

まずは良い眠りを得る為にも、手足を温めましょう。

 

足湯・手湯をしてみましょう

足湯も手湯も、気軽に行える上に、全身の冷えにも効果があります。

 

足湯は、その名の通り足だけの入浴です。

バケツなどの入れ物に、43度くらいの少し熱めのお湯を入れて、足をつけるといった方法です。

冷めてきたら、少しずつ熱いお湯を継ぎ足しながら、できれば30分くらい続けてください。

足湯後は、水気をしっかり拭き取って、すぐに靴下を履いてくださいね。

 

手湯も足湯と同じ、その名の通り、手だけの入浴です。

洗面器に42度くらいのやや熱めのお湯を入れ、手首から先をお湯につけるといった方法です。

手湯も足湯と同様に、冷めてきたら少しずつ熱いお湯を継ぎ足しながら、10-15分くらい続けてください。

粗塩をひとつまみ入れると、お湯が冷めにくい上に、発汗作用も期待できて、余分な水分や老廃物を排出する手助けにもなります。

手湯後も、足湯後と同様に、水気をしっかり拭き取ってください。

ハンドクリームなどを塗って、手袋をしておけば、より効果があると思います。

 

温めを逃さない

入浴後や手湯後、足湯後など温まった後に、温かくなったからといって冷えやすい恰好をしていたら、せっかく温まったのに、また冷えを招いてしまいます。

温まった後こそ、毛穴が開いて熱が逃げやすい状態ですので、とても冷えやすい状態なのです。

靴下を履くなど、しっかりカバーして熱を逃さないようにしましょう。

また身に付けるもの(肌に直接あたるもの)は、なるべく天然の素材のものにしてください。

特にシルク製のものがお勧めです。

 

お布団を温めてゆっくり休もう

せっかく温まった手足も、冷たい布団に入ると一気に冷えてしまいます。

末端冷え性さんは自力で温めることが出来ないので、布団に熱を取られてしまって、せっかく温まった手足がまた冷たくなって、眠れなくなってしまいます。

そんなことにならないよう、お布団も温めてから、横になりましょう。

お布団を温めるのにお勧めなのが「湯たんぽ」です。

湯たんぽは安価で手に入りますし、お湯を入れただけのものですが、かなりパワーがあります。

ただ、湯たんぽはやけどをしやすいので、十分に注意して使ってください。

また、電気製の毛布やアンカなどもありますが、電気製のものは更に冷えを進行させてしまう(体を冷やしてしまう)ので、避けた方がいいでしょう。

 

筋肉を動かそう

筋肉を動かすことによって、末端まで血液が流れていくように、お手伝いしてあげましょう。

また、運動やマッサージをして基礎代謝をあげましょう。

基礎代謝をあげて、体全体の血行もよくしていきましょう。

 

末端を動かしてみよう

即効性のあるのが、冷えている末端を動かす運動です。

手足の力を抜いて手首や足首をブラブラさせたり、グーパー運動も効果的です。

また爪の横(指の側面)をつまんで、キュッキュと押してマッサージしてあげるのも効果的だと思います。

また、冷えに効くツボを押すことも効果的です。

手湯をしながら、お湯の中で冷えに効くツボを押してあげるのもよいでしょう。

 

柔軟体操で関節を柔らかく

関節が固いと血行が悪くなります。

関節を柔らかくして、血液循環をよくしましょう。

柔軟やストレッチを習慣にすることによって、少しずつ関節もほぐれていきます。

少しずつでもいいので、ぜひ毎日の習慣の中に柔軟体操やストレッチを取り入れてみてください。

 

足の筋肉を強化しよう

筋肉を強化して、末端まで血液が届きやすくなるようにしましょう。

お勧めなのが、ウォーキングです。

ウォーキングは足の筋肉を鍛えられるだけでなく、代謝を高める効果やリラックス効果もあります。

少し早起きをして駅まで歩いてみたり、お休みの日には朝少しお散歩に行ってみるなど、是非日常の中にウォーキングを取り入れてみてください。

わざわざウォーキングに行く時間がなかなか取れない人は、日常の中で、なるべく歩くように心掛けるだけでも違ってきますので、試してみてくださいね。

 

また、スクワット、つま先立ちやかかと上げ運動も効果的です。

スクワットは足全体を、つま先立ちやかかと上げ運動はふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

ふくらはぎの筋肉は、足の余分な血液を心臓に戻す役割がありますので、ふくらはぎの筋肉を鍛えることによって血行がよくなり冷えに効果があると言われています。

 

手や足全体をマッサージしてみよう

またマッサージも効果的です。

末端部分だけではなく手や足全体をマッサージすると、リンパや血液の流れがよくなり、基礎代謝も上がります。

特に足の冷えにはマッサージは効果的です。

足首からふくらはぎにかけてマッサージすれば、むくみの解消にもなります。

 

 

 

また、普段の生活の中で少し気を付けるだけで、冷えを改善できることもあります。

「その3」では、「末端冷え性さん」に避けて欲しい生活習慣についてお話したいと思います。