冷えからくる肩こりの話

多くの人が苦しむ「肩こり」と「腰痛」

人が二足歩行を始めたことで生じるようになったと言われている肩こりと腰痛。

厚生労働省が行っている国民生活基礎調査の病気やけがなどの自覚症状の状況の「症状別」では、女性では「肩こり」が最も高く、次いで2位が「腰痛」、男性では「腰痛」が最も高く、次いで「肩こり」が2位となっており、いかに多くの人が「肩こり」「腰痛」といった症状に悩まされているかが、わかると思います。
(平成25年度国民生活基礎調査の「世帯員の健康状況」より)

そんな多くの人が抱える「肩こり」「腰痛」の悩みですが、今回は「肩こり」についてお話したいと思います。

 

肩こりの種類

肩が張ってつらい、首や肩が痛い、吐き気がする、そんな辛い肩こりに悩まされている人は、多いですよね。

肩こりは、大きく分けると2種類に分けられます。

  1. 疾患によるもの
  2. 疾患が原因でないもの(原因となる疾患が明らかでないもの)

 

1番の「疾患によるもの」は、さらに以下の2つに分けられます。

  • 整形外科系の疾患によるもの(変形性脊椎症、頸部椎間板ヘルニア、四十肩・五十肩、胸郭出口症候群、鞭打ち症…など)
  • 整形外科系以外の疾患によるもの(狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞、胃潰瘍、胆石症や胆のう炎、肺ガン…など)

 

たかが肩こりと言っても侮ってはいけません。

病気のシグナルとして肩こりが表れているのかもしれません。

怖い病気が隠れている場合もあるので、あまりに症状がひどい場合や、胸部や腹部の痛み、しびれやめまいを伴う場合は、早急に病院を受診して下さい。

 

ここからは、2番の「疾患が原因でないもの(原因となる疾患が明らかでないもの)」についてお話したいと思います。

 

肩こりの原因

では、この肩こりの原因にはどんなものがあるのでしょうか。

肩こりの原因には

  • 不自然な姿勢や同じ姿勢での長時間労働など姿勢によるもの
  • 手や腕の疲労
  • 目の疲れ
  • 精神的な緊張などのストレス

など色々な理由が考えられますが、多くの人、特に女性は、冷えによる血行不良が原因の肩こりに悩まされているそうです。

 

冷えによる肩こりの場合、冷えを改善することで、肩こりも改善します。

ですので、肩こりだけを考えるのではなく、冷え性そのものを改善することをお勧めします。

ただ、冷え性を改善するには時間がかかりますので、ここでは冷え性対策と並行して実践すると効果的な、お勧めの対処療法についてお話したいと思います。

 

まずは温めよう

まずは辛い部分を温めてみましょう。

温めることによって筋肉が弛緩しますし、血行が良くなって、筋肉の緊張や痛みが緩和されます。

蒸しタオルで温めたり、エコカイロや使い捨てカイロをハンカチにくるんだものを、患部に当ててもいいと思います。

エコカイロは色んなものがありますが、天然のエコカイロを使ってください。

ドライヤーを使ってもいいでしょう。

ただ、いずれも火傷には十分注意してくださいね。

 

体操も効果的

肩こりには体操も効果的です。

簡単にできる肩こり解消ストレッチを少し紹介したいと思います。

 

肩を上下させてみましょう

腕の力を抜いてダランと下におろしたまま、両肩を持ち上げ、力を抜いてストンと落としてください。

これを何度か繰り返してみてください。

 

腕を前後にゆらします

腕の力を抜いてダランと下におろして、息を吸いながら両手を後ろに引いて、その後、息を吐きながら両手を前に出します。

 

肩をまわそう

両肩を前まわし、後ろまわしに、交互に何回か繰り返しましょう。

 

腕を上に大きく上げよう

両手を前から上に振り上げ(出来るだげ上の方にあげ)、ストンとおろします(出来るだけ後ろに向かって)。

次に横から上に振り上げ(出来るだけ高く上げ)、ストンとおろします(前で交差するように)。

 

腕を大きく回してみよう

腕を大きく、後ろ回り、前周りに回しましょう。

その後は、横周りにも回しましょう。

 

首筋をほぐしましょう

首を大きくまわしましょう。

右回り、左回り、交互にまわしてください。

 

肩甲骨を緩めましょう

手のひらを前に向けて、両腕を上にあげてください。

そのまま肘をまげて、なるべく体を開く感じで、肘の角度が90度になるまでおろします。

この時、肘が内側に入らないように気を付けてください。

腕と胴体(胸)が同じ面になるようにしてください。

この状態で暫く(5-10秒くらい)キープしてください。

そして、ストンと下におろしてください。

これを数回繰り返します。

 

次に、手を後ろで組んでなるべく上にあげてください。

肩が内に入るようなイメージです。

 

深呼吸も大事

最後は深呼吸です。

腹式呼吸で、しっかりと深呼吸を繰り返してください。

 

如何ですか?

少しは楽になったでしょうか。

頑固な肩こりの場合、すぐに効果が出ない時もありますので、出来るものを出来るだけでいいので、毎日少しずつやってみてください。

ただ、体操をして痛みが生じる場合はあまり無理しないで、気持ちのいい程度に、体操をしてみてくださいね。