体を温める食べ物と冷やす食べ物

陽性食品と陰性食品

食べ物は、東洋医学的にみると、2種類に分けることができます。

ひとつは、体を温める作用のある陽性食品

そして、もうひとつが、体を冷やす作用のある陰性食品

です。

これら食材の特性を理解して、うまく利用していくことで、冷えを改善することができます。

 

では、どの食品が「陽性食品」で、どの食品が「陰性食品」なのか、どうやって判断していけばいいのでしょうか。

必ずしも当てはまるものばかりではありませんが、陽性食品にも陰性食品にも、それぞれに特徴があります。

 

陽性食品の特徴

  • 寒い地方で作られている
  • 寒い時期に作られる
  • 色が、赤系、橙系、黒系のもの
  • 固いもの
  • 水分が少ないもの
  • 苦いもの、塩辛いもの
  • 植物なら、地下で垂直に伸びるもの
  • 比較的育つのに時間を要するもの
  • 小さいもの

 

陰性食品の特徴

  • 暖かい地域で作られている
  • 暑い時期に作られる
  • 色が、青系、緑系、白系のもの
  • 柔らかいもの
  • 水分を多く含むもの
  • 甘いもの、すっぱいもの
  • 植物なら、地上にまっすぐ伸びるもの
  • 比較的早く育つもの
  • 大きいもの

 

こういった見方で食品をみていくと、その食材が「陽性」なのか「陰性」なのかが、見えてくると思います。

 

具体的に

では具体的には、どんな食材があるのでしょうか。

全ての食品を網羅して書くことはできませんが、幾つかを例として書きたいと思います。

 

陽性食品

ハーブティー、紅茶、ウーロン茶、番茶
チーズ
そば、玄米、黒パン、
和菓子、チョコレート
黒砂糖
黒豆、小豆、納豆
根菜類
北方フルーツ(リンゴ、さくらんぼ、ぶどう、プルーン、栗など)
自然塩、味噌、醤油
梅干し
黒ビール、赤ワイン、紹興酒、梅酒、日本酒
魚介類(イワシ、サケ、えび、かに、いか、タコ、貝、牡蠣など)
赤みの肉

 

陰性食品

水、麦茶、コーヒー、緑茶、牛乳、ジュース(砂糖入りの飲料)
うどん、白米、白パン、菓子パン
洋菓子、アイスクリーム
白砂糖
豆乳、豆腐
葉菜(レタス、キャベツ、サラダ菜)、きゅうり、なす、トマト
南方フルーツ(バナナ、パイナップル、ミカン、メロン、マンゴー、スイカなど)
酢、マヨネーズ、精製塩
ワサビ、胡椒、トウガラシ
ビール、白ワイン、日本酒(合成酒)、ロックや水割りで飲むウイスキーや焼酎
脂身の肉

食材以外にも、化学調味料など、人工的なものは陰性となります。

 

バランスが大切

「陽性食品」「陰性食品」について、少しみえてきたでしょうか。

ここでは陽性のものと陰性のものだけ書きましたが、食品の中にはその間の中庸の食材もあります。

また、ひとつの食品の中でも陰と陽に分けられて、例えば大根や人参の場合、根の部分が陽の食材で、葉の部分が陰の食材となります。

更に、調理法によって陰性から陽性に変わるものもあります。

 

ただ、ここで注意してほしいのは、陽の食品ばかり摂ればいいというわけではないという事です。

陽性が良くて、陰性が悪いということでもありません。

陽性、陰性に優劣はありません。

ただ、体が冷えているという事は、体が陰の方向に偏っているという事なので、なるべく陽性の食品を摂った方がいいという事です。

陰陽を知って、冷え改善にうまく利用するというだけです。

しかしながら、なんでもバランスが大事なのです。

 

ただ、陰の食品の中には、食べない方がいいものも多く含まれています。

人工的な白砂糖や人工塩、化学調味料などがその最たるものです。

こういったものに関しては、陰陽以前の問題として体に良くないものなので、できるだけ控えた方がよいでしょう。