冷えって何?

意外と知られていない冷えの正体

あなたは「冷え」とは何か、ご存知ですか?

 

昨今、インターネットを見ても、本屋さんに行っても、「冷え」という言葉があちこちで見受けられます。

でも、「冷えとは何か」という根本的な問いに答えているものに、私はまだ出会ったことはありません。

 

手足が冷えている状態でしょうか。

いいえ、違います。

手足が冷たくなくても冷えている人はいます。

 

では、寒いと感じること?

これも違います。

 

では、冷えとはいったい何でしょうか。

 

体にはある一定の熱量が必要

冷えとは

「体が必要とする熱量が足らない状態」

です。

 

少し話は逸れますが、体の中では様々な生命活動が行われていることはご存知でしょうか。

あなたが仕事をしている時も、遊んでいる時も、寝ている時も、ポーッとしている時も、体の中では、様々な生命活動が行われています。

その生命活動には、それを起こすのに最適な温度である「至適温度」があります。

 

この至適温度にするために必要な熱量があり、この熱量が足らないと最適な温度を保つことが出来なくなります。

 

この温度にならないと、その生命活動は鈍ってしまいます。

これが「冷え」の状態です。

 

冷えのせいで体調不良が起こるのは…

冷えの原因は、人によって様々ではありますが、共通しているのは、必要な熱量を確保できず、生命活動を正しく行う事が出来ないという状態です。

生命活動が正しく行われないので、体の不調があちこちで起こってくるのです。

 

冷えに向き合う時には、この「冷えの概念」がとても大切になってきます。

なので、冷えの正体をきちんと覚えておいてくださいね。