冷えは男性にも起こるもの

貴方は「冷え性は女性の病気」だと思ってはいませんか?

実際「冷え性は女性特有のもの」と考えている人は多くいるのではないでしょうか。

しかしながら、最近は特に、男性でも冷え性の人が増えているらしいです。

 

男性でも多い冷え性

様々な調査会社で行っている冷え性のリサーチによると、どの調査結果でも、かなりの数の男性が冷えを実感しているようです。

しかし、女性に比べると、冷えに対する意識が低い人が多く、実際に対策をとっている人は少ないのが現状のようです。

また「冷え性は女性がなるものだ」「男性である自分が冷え性のはずはない」という思い込みから、実際は体が冷えて体調不良が起こっているのに、自分が冷えていると自覚できていない人は、冷えを実感している人以上に多くいるようです。

そういった人達も含めれば、男性でもかなりの数の人が冷えや冷えによる体の不調を抱えているのではないでしょうか。

 

なぜ女性だけと思われているのか

ではなぜ一般的に、冷え性は女性特有のものと思われているのでしょうか。

実際に、冷えは女性に起こりやすいと言われています。

女性には月経、妊娠、出産と、血液を消費することが多い為に、必要な血液量も多く、その為どうしても血液不足に陥りやすいと言われています。

血液量と冷えは密接に関係しているので、女性は冷え性の人が多いのではないでしょうか。

また、同じ生活をしている場合、女性の方が男性より筋肉がつきにくく、筋肉量の不足によっても冷えが引き起こされやすいでしょう。

こういった理由から女性は冷え性になりやすいと言われています。

 

男性がなる冷え性の主な原因とは

では、基本的には血液量も筋肉量も多い男性が、なぜ冷え性になるのでしょうか。

血液量や筋肉量の不足以外にも、冷えを引き起こす原因は多く存在します。

冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎは言わずもがな、生活習慣の乱れなどによっても冷えは引き起こされます。

こういった事が原因で引き起こされる冷えに関しては、男女差はありません。

運動不足や、睡眠不足、不規則な生活、過度なダイエットやバランスの良くない食事による栄養不足や、逆に暴飲暴食も冷えの原因になりえます。

もちろん、喫煙や飲酒も冷えを招きます。

また現代社会には、冷えを引き起こすものが多く溢れています。

効きすぎた冷房や、加工食品に含まれる食品添加物などの化学物質、PCやゲーム機器、携帯などが発する電磁波、過労やストレスなども冷えの原因になります。

 

冷えを放置すると死に至ることも

たかが冷え性と思われがちですが、冷えは様々な病気を引き起こします。

時には死に至るような怖い病気を引き起こすこともあります。

冷えは深刻な状態なのです。

 

男性だから冷え性にならないということはありません。

その体調不良の原因は、冷えからきているものかもしれません。

血流が悪いと見た目も悪くなりますし、仕事の効率も悪くなります。

冷えを改善できれば、第一印象もよくなり、仕事もうまくいってモテ期が到来するかもしれません。

冷えを改善して、仕事もプライベートも充実させた毎日を送ってくださいね。