手足が冷える末端冷え性について その3~避けて欲しい事

ダメダメなこと

その1では「末端冷え性さん」がどんな人なのかについて、その2では「末端冷え性さん」に適した対策についてお話しましたが、今回は「末端冷え性さん」に避けて欲しい事についてお話したいと思います。

 

普段の生活の中で、ちょっと気を付けるだけで、冷えを改善できることがあります。

血流を悪くする習慣はなるべく避け、普段から冷やさないように心掛けましょう。

 

ここでは、冷え性全体にも関与していますが、特に「末端冷え」を招く生活習慣について書いてみたいと思います。

 

体を締め付けない

締め付ける衣服は冷えを悪化させる

締め付けのきつい衣服は血流を妨げます。

きつい下着はもちろん、きつい靴下やタイツ、ストッキングも末端冷えを招きます。

また、ブーツや靴がきつくても血流を妨げて冷えを悪化させてしまうので、注意が必要です。

 

素材選びも重要

素材選びも大切です。

化学繊維のものは汗を吸収しにくいので、汗をかくと気化熱として熱を奪われ、冷えを招きます。

また、締め付けがきついものが多いので、血流を妨げて冷えを悪化させてしまいます。

肌に触れるものは特に天然素材のものを選びましょう。

特にシルク製がお勧めです。

絹は肌触りも良く、保温性と、湿度を適度に保つ役割があるので、絹の靴下や下着はお勧めです。

 

衣服や靴など、身に付けるものを選ぶ際には、デザインだけでなく、サイズやきつさ、素材も考えて選んでくださいね。

 

シャワーだけの入浴はやめよう

シャワー浴は体を冷やす

時間がなかったり、夏は暑いので、といった理由で、シャワーだけで入浴を済ませてしまう方もいらっしゃるかと思います。

シャワーでは体が温まるどころか逆に冷やしてしまう恐れがあります。

少しぬるめのお湯にしっかり浸かって体を温めてください。

 

お風呂につかってリラックス

また、お風呂にはリラックス効果もあります。

副交感神経が活発になり、血管が拡張して末端まで血液が送られやすくなります。

なるべく時間を作って、お風呂でリラックスしてくださいね。

好きな香りのアロマの精油を入れて、アロマバスにしてもいいかもしれません。

 

そしてもちろん、入浴後の薄着はNGです。

温まった後は、熱を逃がさないように、しっかりカバーしてくださいね。

 

タバコがもたらす血流悪化

たばこは「百害あって一利なし」と言われていますが、たばこは冷えにも大敵です。

たばこに含まれる「ニコチン」には、血管を収縮させる働きがありますので、結果、全身の血流が悪くなります。

特に末端部分は容易に血流不足に陥ります。

また、ニコチンの影響以外にも、たばこは冷えを助長します。

基礎代謝の低下をもたらすので、冷えを悪化させる原因にもなります。